いまの時代[とき]だから“対話の力”を信じてBelieve in the potential of human relations

What’s DIALOGIC OD?

対話型組織開発(Dialogic OD)とは
組織開発(Organization Development、一般に頭文字をとってODと表記)は、1940年代、K. Lewinと仲間たちによる活動から始まったとされます。近年までのODは、計画された変化、アクションリサーチ、人間性心理学、グループダイナミックス、リサーチサーベイなどを活用しながら、発展してきています。ODの進め方として、一般的に、データ収集、データ分析と診断、フィードバック、そして計画した介入を計画・実施、評価といった一連のアクションリサーチのステップを踏むことがODの一つの定着した手法でした。このようなアプローチを診断型OD(Diagnostic OD)とよばれます。

一方、フューチャー・サーチやAIアプローチ、ワールドカフェなどのように、対話の場を通して、診断のプロセスを通らず、現状を話し、目標や夢を描き、その目標に向かって組織の変革を試みようとする組織開発のアプローチをブッシュとマーシャクは、(G.R. Bushe & R.J. Marshak, 2015)は、対話型OD(Dialogic OD)とよび、これからの組織開発にとってもう一つの大切なアプローチとして紹介しています。

2つのタイプのODは、Tグループに源があります。いずれのタイプのODにおける働きかけも、Tグループを核とした学びが大切になると考えられています。特に、JIEL主催のTグループは、対話型ODのありようを学ぶアプローチとして実践をしています。

Tグループをはじめラボラトリー体験学習に関する学びはこちらで→(社)日本体験学習研究所

========== 第3回 AIアプローチの学びの場 =========

お申し込みはこちらのフォームから

◇◇◇ AI(アプリシエイティブ・インクワイアリー)を知る・学ぶ・活かす 2日間 ◇◇◇

Appreciative Inquiry(AI)とは、個人、グループ、組織といったシステムの中に現在もっている「生き生き輝くエネルギーを与える力(Life-gving foreces)(ポジティブ・コア)を見つけ出すことからはじめ、個人、グループ、組織の変革をめざすアプローチです。ポジティブ・コアを探求し、そのポジティブ・コアが最大化された未来(夢)を描き、その実現に向けてメンバー相互に協働的なかかわりが生まれる、参加型のアプローチです。

この講座では、AIとはどのようなものかを体験を通して学ぶとともに、参加者みなさんが現場でどのように活かしていけるか探っていきたいと思います。特に、できる限り、4Dサイクルを体験する生の現場に、講座の場がなることを願っています。そのために、学びが持続する学習共同体(ラーニングコミュニティ)を創りたいという意思のある方にお集まりいただけることを願っています。合宿研修で行いますので、参加者同士の交流も深まる得がたい機会になると思います。

また、第1回、第2回参加のみなさまは、その後もAIアプローチ実践研究会として学びの場を継続しています。もちろん、津村もご一緒しています。

開催日 2017年2月25日(土)10:00〜18:00 2月26日(日)9:00〜17:00

※本講座は、宿泊形式で行われます。また、夕食後、懇親会を予定しています。何か地元の名産(?)お持ちよりいただけますとありがたいです。

参加費 32,400円(税込)

※宿泊費・食事代・会場代は別途講座初日に徴収させていただきます。1万円程度の予定。

会 場 南山学園研修センター
名古屋市昭和区広路町隼人30(地下鉄いりなか駅から徒歩6分)
TEL 052-837-6466

定 員 18名→24名(満員御礼!!受付終了致しました!!
※昨年12月半ば頃にお申し込みいただいた方の中に自動応答メールが届いていながら、津村からの返信ができていなくてご迷惑をおかけした方がみえましたこと、この場を借りてお詫びいたします。

※先着順(入金)、同一所属から2名まで。

対 象 「AIアプローチを使って、自分がかかわる組織やチームの変革に取り組みたい人」

講師・主催 津村 俊充(南山大学名誉教授・一般社団法人日本体験学習研究所代表理事・所長)

名古屋大学大学院教育心理学専攻博士課程前期修了。教育学修士。日本教育心理学会学校心理士。さまざまな教育現場や組織開発などへの体験学習の導入・普及に関心をもつ。また、企業のリーダーシップトレーニング、メンタリング導入研修などのプログラム開発と実践。マサチューセッツ大学教育学大学院にてセルフサイエンスを学ぶ。同時にNTLにてラボラトリー方式の体験学習のトレーナートレーニングを受ける。最近は、NTL主催のAppreciative Inquiry Approachによる「Designing Experiential-Based Learning」のプログラムなどに参加し、対話型組織開発に関心をもつ。南山大学名誉教授。2011年に、日本人では初めてNTL Instituteメンバーとして認められる。

お申し込み方法 本ページのお申し込みリンクからお申し込みください。

お申し込みはこちらのフォームから